満開の桜に巡りゆく季節と別れに思いをよせて

今年も当然ながら春がきて、1つの季節が過ぎました。

3月で以前勤めていた職場を退職し、都内の某所まで通勤するようになりました。

テレビでは満開の桜を放送されているのを観て、通勤エリアにある公園に帰り際に寄り道をしました。

定期券があるとこういうとき便利ですね。

花見客で賑わったり、夜桜を私同様に眺めにきている人で往来は混雑してました。

桜は春を象徴しますよね。

みなさんにとって春は別れの季節でしょうか、出会いの季節でしょうか。

転職して慣れない環境に身をおくようになったせいなのか、そんなセンチメンタルなことを思わずにはいられません。

いまの私にとっては別れを象徴しますね。

その気になればスマフォなどの端末を使えば連絡をとったりすることはできますが、職場にいつもあった人たちの顔がないのは寂しいものです。

でも、季節は時間は流れていって、いつしかなにも思わなくなるんでしょうね。

惜しまれながら辞めることができたので、桜と同じかな。

桜も散る時は惜しまれますよね。授乳中 酵素

超特急・カイのフォトブック「lak」を読んで

2017年7月に発行された、超特急というアーティストのフォトブックを読みました。メンバー全員のフォトブックもあるのですが、それよりも先に手に入れたのは、神秘担当のカイくんというメンバーのソロフォトブックです。メンバーのソロフォトブックは初めて発行されました。王子様みたいなルックスのカイくんが、イギリス・ロンドンを舞台にしてどのような表情を見せているのか、楽しみに購入しました。
ページをひらくと、やわらかい表情を浮かべたカイくんが、こちらへ手を差し伸べる写真が。つい手をとりたくなってしまうような表情です。そしてロンドンの街へ繰り出し、ファッショナブルなスーツをまとった姿や、プライベートのようにリラックスした様子で市場を散策する様子も見ることができました。フレッシュなフルーツジュースを飲んだり、試食したり、パンを買ったり。等身大の22歳の男の子、という感じがして好感が持てました。彼の散策したロンドンも訪れてみたくなるような、美しい景色も気に入りました!