ジシバリとツユクサとハコベについて勉強した

花の箇所について勉学しました。ジシバリ(会社縛り)は、キク科で茎は長く会社をよし、その先で根をはりまた伸びて、土壌を結びつけるようにおおいます。葉や茎を下回ると白い汁が出てきてなめると、にがみがあります。岩の間隔の少しの大地にも根をはるのでイワニガナともいいます。ツユクサ(露草)は、ツユクサ領域で高さ20〜50cmになり、花期は6毎月〜9毎月だ。朝開いた花は昼間にはしぼみます。その短命がニックネームのパイオニアだ。花びらの汁を青花と効く、染色に用います。青色のことを花色というのもこのためだ。ハコベは、ナデシコ科で春の七草の1つでハコベラともよばれます。鳥やウサギのえさになり、おひたしにして食べるとおいしいだ。朝日が当てはまると花が解くのでアサシラゲともいいますが、気候の乏しい日光は開花しません。花の言い方について勉強してきましたが、聞いた箇所残る花の言い方もありましたが、知らなかった花の言い方もあったので花について知れて良かったです。

8月はどうしても暗い過去を連想させるのだがもうそろそろ呪縛から解放されたらいい

風鈴という、その音があの仏壇にあるナントカ鈴(ちょっと度忘れで覚えていない)に似ていると思っています。今朝の新聞の4コマ漫画に風鈴が鎮魂の音だという話をかいてあったんだけど、8月6日は広島の原爆が投下された日そういう想いをかけてるんでしょう。
8月9日は、長崎に原爆の投下された日ですし8月15日は終戦記念日です。ということで8月というとどうしても暑さと戦争の記憶というのが強調されるのは仕方がない事ですが、もうさすがに暗い過去は過去として歴史にとどめておくことの方が良いと思います。
しかしながら、憲法9条は変えてはならないとか平和は壊してはならないとかやたらテレビであおったり、変な活動をする人には困ってしまいます。もう、太平洋戦争(日本側からみたら大東亜戦争か…)は遠い過去なのですから、一歩前進するためにも過去の亡霊や負の遺産は忘れることはなくともこれからの世代に押し付けることないようにしてもらいたいものです。即日融資 5万